netsenkyoforum.jpについて

三島市長選挙2018の開票結果速報|情勢予想と立候補者の公約・出口調査・当確情報

ここでは12月9日に告示、12月16日投開票の静岡県、三島市長選挙2018の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新の情勢からNHKの出口調査情報、投票率、争点、当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約なども交えてお届けしますので是非参考になさってくださいね。

 

今回の三島市長選の立候補者はいずれも無所属で新人でFNPOWER株式会社代表取締役の石井真人氏(39)、元県議の宮沢正美氏(69)、3選目当選を目指す現職市長の豊岡武士氏(75)の3名です。

 

有権者数は12月8日時点で9万2282人となっています。

 

激しい選挙戦を制したのはどの候補者だったのか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

三島市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率

 

三島市長選挙2018の開票結果については開票速報やNHKなどによる最新の出口調査、当確情報が入り次第、随時下記の図を更新致します。

 

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
9,776 石井 真人 39 無所属 FNPOWER株式会社代表取締役
14,968 宮沢 正美 69 無所属 農業、元県議
20,447 豊岡 武士 75 無所属 静岡県三島市長
  • 投票率:49.83%

 

以下は前回(2014年)の三島市選挙の開票結果(無投票)となります。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
豊岡 武士 71 無所属 三島市長
  • [告示日]2014年12月7日
  • [投票日]2014年12月14日
  • [有権者数(人)]91287
  • [投票率(%)]
  • [執行理由]任期満了
  • [定数 / 候補者数] 1 / 1

三島市長選挙2018|争点や情勢、当確予想

ここでは三島市長選挙2018の争点や情勢、当確予想についてご紹介致します。

三島市長選挙2018の争点

三島市長選挙2018における主な争点ですが、産経ニュースの報道では以下内容が主な論戦のもととなっているとのことです。

  • 市民の関心が高いJR三島駅南口再開発
  • 人口減少対策や子育て支援策
  • 地域活性化策

各候補者の政策主張や公約は後述します。

三島市長選挙2018の情勢や当確予想

選挙戦がスタートしてからの情勢で当確予想ですが、今の所3氏候補者のどの候補者が当選確実に近いと言った情報は特にありません。

少し気になるのは豊岡氏が現在75歳ということもあり、高齢のため、若い考えを広めるという意味では新人2候補の有利性も出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

三島市長選挙2018|立候補者の政策(公約)やプロフィール、経歴

12月16日に投開票が行われる三島市長選挙。

 

任期満了に伴う選挙戦に立候補の名乗りを上げたのは、3選を目指す現職市長の豊岡たけし氏、新人の石井まさと氏、同じく新人の宮沢正美氏の3名。

 

現新三つ巴の戦いを制するのはどの候補なのでしょうか?

 

それでは立候補者である豊岡氏、石井氏、宮沢氏の経歴や政策をご紹介します。

豊岡 たけし(とよおか たけし/現職市長)

  • 名前:豊岡 武士(トヨオカ タケシ)
  • 現年齢:75歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:三島市長
  • 学歴:県立韮山高等学校、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)卒業
  • 職歴:静岡県職員、静岡県議会議員(3期)、三島市長(2期)

 

現職市長の豊岡たけし氏は、1943年3月13日に三島市で生まれます。

 

県立韮山高校を経て、獣医師を目指して日本獣医畜産大学に進学。

 

卒業後、獣医師として静岡県庁に入庁します。

 

専門の農畜産分野に留まらず、消費生活課長補佐、初代緊急防災支援室長を歴任。

 

1998年4月から11月まで地元の三島市役所に出向し、企画調整部長に就任します。

 

そして同年12月に行われた三島市長選に55歳で挑戦。

 

豊岡氏、県議を3期務めた小池政臣氏など4名の新人が立つ選挙戦となる中で、豊岡氏は13,873票を得るも小池氏に4,186票の差で敗れます。

 

翌1999年4月に行われた県議選に無所属で出馬し、選挙区トップの20,308票を得て初当選。

 

その後、自民党に所属します。

 

2003年の県議選では自民党公認候補として出馬。無投票で再選を果たします。

 

2006年には再度市長選に挑戦。

 

現職の小池氏との一騎打ちとなり23,380票を得るも、1,661票差で再び涙を呑みます。

 

翌2007年には県議選に無所属で出馬し、選挙区トップの15,072票を得て3選。

 

今回の対抗馬の一人、宮沢氏とともに議席を得ます。

 

そして、小池氏が引退を表明した2010年の市長選に連合静岡の推薦を受けて出馬。

 

豊岡氏、小池氏の後継候補の遠藤行洋氏など新人3名が立つ中、豊岡氏は23,252票を獲得。

 

遠藤氏などを抑え、3度目の正直、67歳にして悲願の初当選を果たします。

 

2014年の選挙では対抗馬が立たず無投票で再選。

 

そして迎えた今回の選挙戦。

「ホップステップからジャンプの4年。責任を持って持続的発展を果たす」

と述べて、出馬を表明。

 

スローガンは、「さらに元気・安心・希望あふれる三島へ前進!!」

 

「飛躍を誓う豊岡たけしの3つの約束」と題する政策の柱は次のとおり。

  1. さらなる魅力と活力があり持続的な発展を推進!
  2. 暮らしの安全・安心対策の基盤を確立!
  3. いっそう豊かで誇りある三島へ飛躍!
スポンサーリンク

石井 まさと(いしい まさと)

  • 名前:石井 真人(イシイ マサト)
  • 現年齢:39歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:FNPOWER株式会社代表取締役
  • 学歴:県立韮山高等学校、静岡大学情報学部卒業、静岡大学大学院修了(情報学専攻)、慶應義塾大学大学院修了(経営管理専攻)
  • 職歴:浜松市職員、FNPOWER株式会社(自営)

石井まさと氏は、1978年12月22日に東京都新宿区で誕生。

 

現在、39歳という若さです。

 

韮山高校を経て、静岡大学情報学部に進学。

 

卒業後は同大学の大学院に進学。情報学を専攻し、修了します。

 

その後、浜松市役所に入庁。

 

防災対策課に配属され、防災無線や市町村合併及び政令指定都市移行に伴う関連業務に携わります。

 

2007年に退職し、慶應義塾大学大学院経営管理研究科に進学。

 

翌年にはハーバード大学への夏季短期留学を経験し、2009年に大学院を修了。

 

MBA資格を取得します。

 

同年4月から松下政経塾に第30期生として入塾。

 

2010年8月から、国産木製品普及により日本の森林を守る活動を行う「Kizara Project」の代表に就任。

 

2013年7月からは小水力発電の開発・普及を行う一般社団法人自然エネルギー利用推進協議会の代表理事に就任。

 

さらに、2014年からは経営コンサルティングや間伐材製品の企画製造などの業務を手掛けるFNPOWER株式会社の代表取締役に就任します。

 

自然保護活動に熱心に取り組む石井氏は、今年3月から三島の湧水を守る活動を行う「三島ゆうすい会」の理事に就任します。

 

そんな石井氏は、豊岡市政が進める三島駅南口再開発の見直しなどを掲げ、今回の市長選への出馬を表明。

 

事務所開きの挨拶の中でその思いを次のように述べています。

「三島駅南口再開発を進めてはいけない。市民の命を守ることが最も大事。再開発はそれから。
誰かに頼るのではなく自ら一歩を踏み出すことにした。これからの可能性を信じてほしい」

 

スローガンは、「まっすぐな市政。」

 

政策の柱は次のとおり。

  • 経済・観光「まち全体で稼ぐ仕組みを構築」
  • 子育て・教育「人間力を身につける教育の充実」
  • 医療・福祉「健康寿命を延ばす予防対策の充実」
  • 市役所・行財政改革「開かれた市政を実現」

 

宮沢 正美(みやざわ まさみ)

  • 名前:宮沢 正美(ミヤザワ マサミ)
  • 現年齢:69歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党推薦)
  • 肩書き:農業(元静岡県議会議員)
  • 学歴:県立韮山高等学校卒業
  • 職歴:三島市議会議員(2期)、静岡県議会議員(3期)

 

宮沢正美氏は、1949年5月10日に三島市で生まれます。

 

白菜などの露地野菜を作る専業農家の長男である宮沢氏。

 

韮山高校を卒業後、農業に従事します。

 

1999年4月に行われた市議選に49歳で出馬し、候補者中2位の2,954票を得て初当選。

 

2003年4月の選挙でも2位で再選を果たします。

 

2007年4月には県議選に鞍替えし、三島市選挙区で自民党公認候補として57歳で出馬。

 

現在市長を務める豊岡氏と自民支持層を分ける選挙戦となるも、豊岡氏に次ぐ12,794票を得て初当選。

 

再選を賭けた2011年4月の選挙では、16,882票を得て選挙区トップで勝ち上がります。

 

2015年の選挙でも選挙区トップの15,507票で3選を果たします。

 

専門の農政に留まらず、発達障害者支援議員連盟会長を務めるなど福祉分野においても尽力してきた宮沢氏。

 

2017年の県知事選では、自民党内に当時静岡県連幹事長を務めていた宮沢氏を擁立する動きがあったものの、後に断念します。

 

そんな宮沢氏は、今回の市長選への出馬を決意。

 

総決起集会の中でその思いを次のように述べています。

「三島が元気に持続的発展するよう取り組みたい。市民主役の市政をつくる」

「最後のけじめとして故郷に恩返ししたい。公平公正な市政を実現する」

 

スローガンは、「つなぐ力。~次世代へ繋ぐ、構想実現へ。~」

 

「9の約束と3の政治課題」と題する公約は以下のとおり。

【9の約束】

  1. 地域の輝きを創出
  2. 障がい者千人雇用
  3. 高齢者社会を支える
  4. 女性の活躍日本一
  5. グローバル時代の人材育成!
  6. スポーツ・文化芸術の振興
  7. 地域循環型経済の構築
  8. 都市基盤の整備
  9. 急がれる防災対策!

【3の政治課題】

  1. 三島駅南口再開発事業
  2. 超少子化と高年齢化への対策
  3. 行財政改革

 

なお、争点となっている三島駅南口再開発事業については、現計画を見直して南北自由通路の整備を含めた計画への再検討を掲げています。

同日執行されるその他の注目選挙

当サイトでは三島市長選挙以外にも同日執行される他県の注目選挙もまとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です